キャンペーン中↓↓

男子ごはん料理レシピ『具がゴロゴロのケンタロウ流ビーフカレー&3人の家庭の味』レシピ(1月4日放送)

以下のレシピは TV TOKYO『 太一×ケンタロウ 男子ごはん 』より引用しております。

<スポンサードリンク>

■具がゴロゴロのケンタロウ流ビーフカレー
 牛かたまり肉(すね、バラ):600~800g
 玉ねぎ:2個
 じゃがいも(メークイン):3個
 人参:2本
 マッシュルーム:1パック
 カレールウ:10皿分
 デミグラスソース(市販品):100g
 バター:大さじ1
 インスタントコーヒー:少々
 サラダ油:適宜
 温かいごはん:適宜
 福神漬け、らっきょ:各適宜

■岡村家「厚焼きたまご」
 卵:4個
 a 水:卵の殻2杯分、砂糖、しょうゆ:各適宜
 サラダ油、しょうゆ:各適宜

■国分家「秘伝豆(ヒタシマメ)と数の子の和えもの」
 秘伝豆:500g、数の子(塩抜き):6本
 塩:大さじ1、醤油:大さじ1.5
 うま味調味料:少々

■小林家「酢鶏」
 手羽先:10本
 a 水:2カップ、みりん:大さじ1.5~2
   しょうゆ:大さじ1.5~2、酢:大さじ1~2
   砂糖:大さじ1、オイスターソース:大さじ1/2
   薄力粉:大さじ3
   揚げ油:各適宜

■具がゴロゴロのケンタロウ流ビーフカレー [ 作り方 ]
1、牛肉は4~5㎝角に切る。玉ねぎは縦薄切りにする。じゃがいもは皮をむいて大きめの一口大に切り、水に5分さらす。人参は乱切りにする。マッシュルームは石づきを落とす。

2、フライパンを熱してサラダ油大さじ1/2をひき、牛肉を強火で焼きつける。全体に焼き目がついたら鍋に移し、水を2リットルくらい加えて火にかける。沸いてきたら火を弱めてアクを取りながら2時間茹でる。

3、フライパンを熱してバターを足し、玉ねぎを強火で炒める(油が足りなかったらサラダ油を適宜足す)。しんなりしたら火を弱めてきつね色になるまでじっくり炒める。

4、2を牛肉とゆで汁に分け、ゆで汁をカレールウの箱の表示量分計って鍋に戻す(足りなければ水を適宜足す)。

5、鍋に牛肉、3、じゃがいも、人参、マッシュルームを加えて火にかけ、沸いてきたら火を弱めてアクを取りながら15分煮る。

6、じゃがいもに竹串がスーッと通ったら火を止めてカレールウを加え、たまに混ぜながら
10分煮る。とろみがついたらデミグラスソースを加えて混ぜる。いったん火を止めて冷ます。

7、再び鍋を火にかけて温め、インスタントコーヒーを加えて混ぜる。

8、器にご飯を盛って7をかけ、福神漬け、らっきょを添える。

■岡村家「厚焼きたまご」  [ 作り方 ]
1、卵は溶きほぐしてaを加えてよく混ぜる。

2、卵焼き器を熱してサラダ油少々をひき、1の1/4量を流し入れて広げる。周りが乾き始めたら端から巻いていく。

3、2を脇に寄せ、空いている所に1の1/4量を流し入れ、2の下にも行きわたるように広げる。2に巻きつけるように端から巻いていく。これをあと2回繰り返す。

4、食べやすい大きさに切って器に盛る。好みでしょうゆをつけながら食べる。

■国分家「秘伝豆(ヒタシマメ)と数の子の和えもの」 [ 作り方 ]
1、秘伝豆は洗ってたっぷりの水に一晩浸す。

2、1の水気をきって鍋に入れ、たっぷりの水を加えて火にかける。沸いてきたら塩を加えて
20~30分茹でる。アクを取りながら少し固めに茹で上げる。

3、ザルにあげて水気をきり、温かいうちにしょうゆ、うま味調味料を加えて混ぜて冷ます。

4、冷めたら数の子と和える。

■小林家「酢鶏」 [ 作り方 ]
1、手羽先は薄力粉をまぶす。

2、フライパン揚げ油を深さ1㎝入れて中温に熱し、1をフライパンにぎっちり入れて揚げ焼きする。たまに返しながら揚げ焼きし、全体がきつね色になったら取り出す。

3、フライパンにaを煮立て、3を加えて蓋をして強めの中火で5~7分煮る。


<スポンサードリンク>

カテゴリー



スポンサードリンク








ドクターシーラボ





お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 男子ごはんの料理レシピ/太一×ケンタロウ. All rights reserved