キャンペーン中↓↓

男子ごはん料理レシピ『 手作りぎょうざ 』(4月27日放送)

以下のレシピは TV TOKYO『 太一×ケンタロウ 男子ごはん 』より引用しております。

<スポンサードリンク>

[材料]
■ぎょうざの皮(約40枚)
A:(強力粉:2と1/2カップ、薄力粉:1/2カップ)
ぬるま湯:約250cc 打ち粉(強力粉):適宜

■ぎょうざの具
キャベツ:約200g(1/8個) ニラ:1/2束
しょうが:1/2片 片栗粉:大さじ1 豚ひき肉:180g
B:(水:1/4カップ、酒:大さじ2、ごま油:大さじ1、
オイスターソース:大さじ1/2、塩:3つまみ、こしょう:少々)
打ち粉(強力粉):適宜 しょうゆ、酢、ラー油:各適宜


 [作り方]
1、ボウルにAの材料を合わせてザッと混ぜ、真ん中をくぼませ、ぬるま湯を100ccほど残して加え、ザッと混ぜてから手でよくこねる。様子をみながら残りの水を適宜足しながらこね、粉と水分がなじんできたら、打ち粉を振った調理台の上に取り出してさらによくこねる。生地の表面がなめらかになったらラップで包んで15分ほど室温におく。

2、生地をねかせている間にキャベツ、ニラはみじん切りに、しょうがは千切りにしてボウルに入れ、片栗粉を加えて混ぜて、ひき肉、Bを加えて手でよく混ぜる。

3、皮を作る。調理台に打ち粉をする。生地を半分に分け、打ち粉を振った麺棒で生地を2㎜厚さくらいにのばす。お茶わんや湯飲みで直径8cmくらいの円形にくり抜く。くっつきやすいのでくり抜いた生地の両面に打ち粉を振る。

4、又は直径2cmの棒状にのばしてから包丁で2cm幅に切る。切った生地を1個ずつ麺棒で直径8cmくらいに丸くのばす。

5、皮の縁に水をグルリとつけ、皮の真ん中に2をティースプーンでのせ、具を包むように半分に折り、閉じ口をギュっと押さえながらしっかり閉じる。又は数か所ひだを寄せながら閉じる。

◆◇◆焼きぎょうざ◆◇◆
(ア)フライパンにサラダ油大さじ1をひき、ぎょうざの半量を並べる。ぎょうざの高さの半分くらいまで水を注ぎ、蓋をして強火で蒸し焼きにする。
(イ)水分が少なくなって泡が大きくなり、パチパチ音がしてきたら、蓋を取ってごま油大さじ1/2を回し入れ、再び蓋をして焼く。水分がなくなって裏がカリッと焼き色がついたら出来上がり。
(ウ)焼き目を上にして器に盛り、酢、醤油、ラー油を添える

◆◇◆水ぎょうざ◆◇◆
(ア)鍋にたっぷりの湯を沸かして塩少々(分量外)を加え、ぎょうざの半量を加える。たまに混ぜながら強めの中火で5分くらい茹でる。
(イ)1個割ってみて火が通っていたら出来上がり。茹で汁をごと器によそって、酢、醤油、ラー油を添える。


<スポンサードリンク>

カテゴリー



スポンサードリンク








ドクターシーラボ





お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 男子ごはんの料理レシピ/太一×ケンタロウ. All rights reserved